How to ガルーダアサナ(鷲のポーズのやり方) / Kana | 恵比寿のヨガスタジオ studio GOD(スタジオ ゴッド)

How to ガルーダアサナ(鷲のポーズのやり方) / Kana
- 恵比寿ヨガスタジオ studio GOD -

    こんにちは☆

    火曜日
    10:00~美脚美尻骨盤ヨガ
    水曜日
    14:30~自分の心地よさを感じるヨガ
    16:00~陰ヨガ

    を担当していますヨガインストラクターのKanaです(*^^*)

    本日も恵比寿ヨガスタジオ
    【studio GOD】のブログをご覧頂きありがとうございます♪


    今日はガルーダアサナ(わしのポーズ)のやり方についてご紹介致します。

    ガルーダアーサナは、集中力を向上させ、内側にある中心軸を作る筋肉を強化し、バランス力、骨盤の安定、肩、腕、脚等の関節にアプローチ出来るポーズです。
    正しいアライメントで行うと、内側に引き寄せる筋肉を強化し、二の腕の引き締め、脚の引き締め、むくみ解消にも繋がり、美しい姿勢を保つ為の筋肉も強化していきます。
    また肩、背中上部のストレッチされるので、肩こり解消、目の疲れにも効果的です。

    ※膝に疾患がある場合や、股関節に痛みがある場合は、このポーズはお休みして、正しい知識のあるインストラクターの元で練習していきましょう。

    では始めていきましょう。

    まずは膝と股関節を緩めて立つところから始めていきましょう。

    体重を左足に移し右腿を左腿の上から交差させるように組んでいきます。
    右足首を左の足首の後ろ、またはふくらはぎにかけます。
    もしこの時点で軸足の左足の膝が斜めの方を向いてしまったり、左右の骨盤が真っ直ぐな平行を保てず、向きが変わってしまったり、バランスが崩れてフラフラするようであれば、足首はかけずに、床へ戻して、膝が前を向き、骨盤が平行になり、体のバランスが安定すること、を最優先にしていきましょう。

    ヨガは安全で、安定している状態、快適にそのアサナ(ポーズ)が保て、心地よい呼吸と、心地よいマインドであれる事が一番大切です。

    そのポーズが出来ないとは思わずに、今出来ることを積み上げていく、そんな感覚を味わう事もヨガの醍醐味です。

    安定してバランスが取れたら、両手を大きく開き右腕を左腕の下で重ね、肘を曲げて手の甲を合わせていきましょう。

    もうひとつ深められそうであれば、
    手のひらが合わさるようにしていきます。

    この状態から、肘と指先を上に上げ、顔から離すように前に倒します。

    首がつまらないように、肩と耳は遠ざけるように、肩甲骨は下げて首を長く伸ばしていきましょう。
    この状態で、5呼吸ほどキープしていきましょう。

    安定して楽に呼吸が出来るようであれば下半身をもうひとつ深く沈め、指先を前に倒し、指先と肘を前に送ると、肩の開きが深められます。

    最後はゆっくりと両腕を解放し、安定したら、両足を元の位置へ、真っ直ぐな姿勢に戻ったら、一息ついてリラックス。
    反対側も同様に行っていきましょう。


    今上手く出来なくても全然大丈夫です。

    山を登る時に、ただひたすらに足元を見て、頂上へ向かう事しか見ないのでは、辛さしかありません。
    途中の景色、途中の空気、途中の花を楽しむように、頂上へ向かうまでの私の体、そこへの愛情ももって、私の体を観てあげる事。
    それもヨガの醍醐味の一つです(*^^*)♪

    今まで貴方の体を支えて来てくれた体だから、頑張ってきてくれたからこそ、硬くなってしまって、思うように動かない事もあります。

    ただ、そのままでいるのはやはり辛いですね!

    その体にご褒美をあげるように、
    その体と共に徐々に心地よい体を作って行くように、
    無理をせず、体の声を聞きながら、
    心地よい呼吸、心地よいアーサナを行っていきましょう。

    体と心に心地よいご褒美をあげるお手伝いが出来ます事を、
    恵比寿ヨガスタジオ
    【studiogod】にて
    スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております(*^^*)

    火曜、水曜担当
    yoga instructor Kana

     

    ガルーダアーサナ イーグルポーズ ワシのポーズ eaglepose garudasana 常温

Kanaのレッスン一覧