アシュタンガヨガの練習とともに変化した私の食 / 村田 真智子 | 恵比寿のヨガスタジオ studio GOD(スタジオ ゴッド)

アシュタンガヨガの練習とともに変化した私の食 / 村田 真智子
- 恵比寿ヨガスタジオ studio GOD -

    皆さん、こんにちは!
    恵比寿スタジオGODインストラクターの村田 真智子です。

    アシュタンガヨガの練習を始めてもうすぐ3年半経とうとしています。


    練習を始めた頃
    朝は体が重くてなかなか起きれずにいました。

    週5日継続する力は十分ではなく
    せいぜい3日くらいで力尽きていました。


    初めは30代後半という…年齢のせいにしていました。
    けれど50代の先輩アシュタンギたちが全く疲れを見せずに週5の練習を普通にこなしているのを目の当たりにして
    素直に自分の食生活を見直すことにしたんです。


    当時毎日お菓子を食べていたので、まずは砂糖を1年半完全に断ちました。
    またオーガニックの大豆パウダーをシェイカーに入れて 練習終わって飲んだりもしました。

    学びながら思いついたことで試行錯誤しながら
    今の食に落ち着いてきています。
    今日はいちアシュタンギとして、私なりの食について
    ブログに書かせてもらいます。



    朝起きてからはぬるめの白湯を飲みます。
    身支度を済ませてシャラへ向かい練習をします。

    午前中、家にいる時は
    フルーツや野菜を絞った飲み物を飲みます。
    スタジオの仕事などで外出の場合は
    持参した白湯かcoffeeshopのソイラテを飲んでます。

    皆さんもご存知かと思いますが
    ヨガの教えで八支則があり
    その中にアヒムサがあります。
    言葉はインドのサンスクリット語で意味は非暴力を意味します。


    今年に入り、タイミングが合ったことと
    以前からその教えを深めたいと思っていたので
    自分なりの学びで動物の肉を摂取しないことを取り入れています。
    もし友人や家族にdinnerなどを誘われたら
    周りとの調和も大切にしたいので、もちろん食します。

    昼・夕食は
    お野菜を中心なおかずに玄米。発酵食品、お味噌や醤油も取り入れてます。(大豆製品のバラエティの豊かさに脱帽です)
    基本食べることが好きですが
    腹8分目を目指してます。

    大好きなデザートは
    いろいろ経て…今は食べたい時に食べるようにしています。

    一日の食の摂取は
    朝練習のために18時までに食事を終えています。
    消化はエネルギーを消費し、胃腸に残れば疲れが出てくるので早く終えておきたくて。


    ザッとこのような一見ストイックに見える流れで
    日々を過ごしていますが、cheat day的な日もあるんです!
    Moonday(新月・満月🌚🌝)はアシュタンガヨガの練習がお休みになります。
    なので前日練習仲間とお昼にランチ飲みしたり自由に過ごしています☺️

     

     

    今日は私が最近ハマっている飲み物をご紹介します!

    午前中は体から毒素などを排出させるのに適していると言われています。
    ウコンは炎症を抑えてくれます。     
    私は内臓が炎症を起こすと皮膚が赤くなってくるのです。午前中はなるだけ固定物を取らず排出を促すとともに、ウコンで内臓のケアをしています。
    とっても美味しくて免疫もアップしてくれるんです。


    recipe
    ・りんご 1/4
    ・セロリ 茎一本
    ・レモン 少々
    ・ショウガ 少し
    ・ウコンパウダー tea spoon 1杯


    全て絞って、ウコンパウダーを混ぜています♡


    それから最後に
    先日ヨガの専門誌『yogini』の中の
    アシュタンガの食事考のコラムに
    参加させていただきました❣️(右下にいますよ)

     

    studioGOD ディレクターの宮城由香先生は
    インターイミディエートリーシリーズのお手本として
    出られてます✨
    とても洗練された美しいアーサナです。(私も練習して少しでも近づきたいです🧘‍♀️)

    こちらもぜひぜひご覧くださいね♡

     

     

村田 真智子のレッスン一覧